Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月6日(日) 雨季のパンジャリ国立公園②

Dimanche,07,juin 2010
Parc national de la Pendjari dans la saison des pluies ②

朝5時半起床!
現職教員の為、3月に帰国したTが、最近どうやら「生徒からも同僚からも、アフリカに行っていたことにみんな触れてくれない!」と少々不満気味らしいので、電話をした。
順番に電話を交換。
でも、まぁ、元気そうなので、大丈夫かな。
なんだか、ベナンで体にはやしたカビはまだ共存だそうです。
写真をいっぱいアップしてというTからの申し出があったので、
写真特集します。

100606 (2)
お腹がすいたガイドのアダム氏。「ちょっと、ご飯を食べてくる~」と車から降り、大量のベナン食を目指して!
こんなことは日常。タクシーに乗っても、途中で買い物する運転手。
そんな時間は撮影タイムです。

100606 (15)
パークの入口。乾季よりも緑が多い!
アダム氏がご飯を食べたところから、ここまでに、事故1件あり。
バイクによる自転車絡まれ事故。バイクに乗っていた人は、道の端に倒れ、顔面血まみれ…。自転車に乗っていた人は道の真ん中に倒れ、いびきなのか痛くてうなっているのか不明だが意識あり。
2年前の私だったら止血したりいろいろあわてたけれど、ベナンの医療事情を何となく知った今となっては、ある意味、冷静でした。
道と言っても、田舎と田舎を結ぶ細い赤土道。
かろうじてKちゃんの携帯の電波があったので、アダム氏が市役所に電話し(番号は頭の中にあり)、救急車の要請をしました。いや、インフラが命とりになるんだと改めて感じました。

100606 (4)
水かさが少し増えた湖。カバです。

100606 (5)
クロコダイルの赤ちゃんがいました。

100606 (17)
全長110cmの鳥。

100606 (8)
こんな風に、アダム氏は、「あの鳥は○ページの○番」と先に言って、自前の本を見せてくれます。
すごい記憶力。

100606 (7)
淡水のカメです。

100606 (12)
雨季のため、緑緑

100606 (18)
雨季のため水たまり(って日本語で言うの?)
100606 (19)

100606 (23)


100606 (16)
意外と、動物もたくさん見れました

100606 (9)
お疲れのKさん

100606 (11)
昼には、公園を出て、ご飯をかねて滝を見に行った。
そこの村での市場の様子。

100606 (21)
村であった女の子。腕には、小さなビーズやタラ貝のアクセサリーをしてて、きれいだった。
彼女たちは、私の肌(白)を見て「きれい」と言っていました(アダム氏フランス語と現地語の通訳)。
お互い、言葉は違うけれど「きれい!」の連発でした。
ちなみに「MOHIKAN」という言葉を教えました。
ベナンには、Hの発音がないので、最終、「モリカン」とか「モイカン」になってしまったけれど。

100606 (10)
なんと、これはチーズ!!アダム氏大量購入。
確かに安くて新鮮。
このまま町まで走って帰りました。
何でもありのアフリカです。

100606 (22)
最近よく見かける看板。コンドームです。
「あなたの未来は、あなたが選ぶ!」標語です。
よくHIV陽性の妊婦さんもみます。

100606.jpg
翌日の帰りのバスから風景。パーキングエリア的で、お土産や食事が手に入ります。

スポンサーサイト

6月5日(土) 雨季のパンジャリ国立公園①

Samedi,05,juin,2010
Parc national de la Pendjari dans la saison des pluies ① 


最後のベナン国内旅行デス。
行ってきました!
雨季のパンジャリ★

乾季の方が、水場に動物が集まりやすく見やすい。
だけれど、私たちは、好奇心旺盛な協力隊!
雨季は、いったいこの公園がどうなっているのか見たい!
ということで、ナティティングーに5人が集まった。

5日(木)は、まる一日多量の雨。
そのため、北部へ向かうバスは、主要な道路が洪水で通れない為、
迂回ルート(と言っても、うまく行っても+4時間は確実だなぁ。)を通って行ったらしい。

前日夕方、JICAスタッフから、
「交通の便も悪いし、雨でスリップする危険性もあるので、あまり勧めない。またの機会がないから、何とも言えないですが、もし、明日行って、迂回ルートを通る場合は、日が暮れる前に早めに村でおり、宿を探して、無理な移動はしないようにして下さい。」
と言われた。

一緒に出発するKちゃんと悩んだ。
夜になると、街灯もなく、夜道は事故の危険性も高まる。
バスの故障も十分あり得る。
確かに、雨が降ればスリップする事は、ベナンではあり得る。
そして、大型トラックを狙う夜間の強盗もある。

「とりあえず、翌日朝まで雨が降らなければ出発する、そして、雨が降ってきて、危ないと判断するならば、タクシーを借り切ってコトヌーへ帰る!」
という考えで実行!
そんなわけで、タクシー代、その他もろもろ余裕をもっての所持金は30万FCFA!
ベナン人公務員教員の10か月分のお給料です。

翌日朝5時半。
Kちゃんからメールが届き、雨は降ってなさそうなので、出発することに決めた。

あんなに降っていたから、さすがに今日は降らないと感じる。


100606 (13)
エトワール・ルージュ。日本語では、「赤の星」という意味。
奥の赤いものが、上から見ると星の形をしているから。
ここは、東のナイジェリア、西のトーゴ、北部のブルキナファソ、ニジェールへと道がつながっている。
バスがここから出発。
早朝、涼しいのでベナン人は、本格的なマッチョな人から、ダイエット的なものすごーーーい大きなおばちゃんまで、運動しています。
見た目、Parisぽいと思っているのは私だけでしょうか?

順調に進み、無事ナティティングーへ到着。
その晩は、M隊員プロディースの焼き肉です★
K隊員、最初に比べて、ものすごく早く火を起こせるようになりました。
100606 (14)
使用物品;炭、マッチ、ろうそく、ビニール袋、うちわ、テクニック
素晴らしい!!

5月31日(月) 仕事おさめ

Lundi,31,mai,2010
ACCOMPLISSEMENT DE MON TRAVAIL


今日で、臨床での活動を終わりにしました。
もうちょっと、頑張れるけれど、
やらないといけない事があるのと、
あと数日臨床で活動しても、大きく状況は変わらない事と、
余裕をもって帰国の準備をしたいので。
(出発前、ハードすぎたなぁ。)
あとは、輸血部や他の建物など病院内を探検したいと以前から思っていたけれど、
なかなか、なぜか、活動から抜け出せられなかったから。

一応、同僚たちに挨拶した。
けれど、まだまだ、ベナンには滞在する。
そして、4日には、活動先で最終報告会をするので、みんな
「4日にね!」と言ってくれる。

最終報告会の準備で、
事前にドリンクの注文をしたが、
(ベナンの習慣で、研修などを行う際には、必ず飲み物を出さないといけない)
もし、彼女たちが、全員来たら、ドリンクは足りないし、席も足りない。
とある助産師さんが、
「この人数だったら、発表する部屋に入れないよ」と言っていたが、
私は、
「大丈夫!ベナン人は、来るといっても、全員来ないでしょ?」
というと、その助産師は、
「確かにそうだ!全員こないね~」
なんて、数日前に言っていたのに・・・。
いったい、何人来るのでしょう・・・。
私の中では、ベナン文化総まとめのような気がして、
楽しみでたまりません。

まぁまぁ、
そんなこんなで、
先日の出来事。

あまりの暇さに、
そして、あまりの汚さに、
いつか掃除をしてやろうと企んでいた机の引出しの中!!!
そこには、患者さんに渡し忘れてた大量の母子手帳とエコーなどの検査結果。
そして、MRが置いて行った薬剤広告。
そしてそして、わけのわからないゴミ・・・。
よく、それだけはいるなぁと感心するぐらい。

引き出しをひっくり返し、ゴム手袋をつけて、
母子手帳以外はぜーーーんぶゴミ箱に捨ててやった!!
そして、母子手帳は、年代順に並べて・・・。
ムカデが母子手帳の間から何匹も出てきて大変だったけど。

それが1週間経つと、この有様!!
100601 (7)

片付けたばっかりの写真を撮ってなかったけれど、
母子手帳だけを並べていたんです。
でも、コレ!
これ、ひどいでしょ。。。

よくよく見ると・・・
100601 (6)
ピーナッツ❤
なんでやねん!!
これだけ、院内あげて、「整理・整頓・清潔・清掃・しつけ」をスローガンにやっているのに・・・。

まぁ、この2年間、ずっとこんな事の繰り返しだったから、
心の中では、正直、期待通りの結果でしょうか。


いやぁ~、私よく頑張った、と自分で褒めてあげよう。


やっと完成した妊娠経過表。同僚たちの案や意見を入れながら作りました。100601 (3)
母親学級で使ってくれることを願いながら・・・

Au revoir!

5月29日(土) 豚の解体

Samedi,29,mai,2010
DEMEMBREMENT DU PORC


この週末、豚と牛の解体が、T隊員任地で行われた。
天候により、間に合わなかったが、
ついたら、すべて解体されて、
BBQタイムだった。

そして、私の大好きなフライドポテト、
なんと、5Kg用意していた!!
ひたすらフライドポテトを食べる。
たまに豚。
時々牛。

質素な生活が続き、高タンパクな食事は、お腹を下す。。。
帰ったら、焼肉に行けません。。。

そんなわけで、
最近、自分の適切お肉摂取量が分かってきた。


ダンボ隊員の皆さん、準備大変だったろうに、ありがとう★
100601 (10)

帰り道、見つけた超オシャレ(?)なひよこちゃん達。
ヘアカラーしているそうです。
100601 (11)

5月16日(日) 停電

Dimanche,16,mai,2010
COURANT


雨が降ると、なぜか、断水。
そして、今日は停電。

私の住居は、病院からの自家発電もやってくるので、
長時間の停電はない。
一瞬切れて、少し待てば、すぐ回復する。

しかし、今日は長い。

久々に懐中電灯・・・
あっ!充電していない。
そして、携帯(のライト)も充電少ない。。。
携帯は万が一の連絡手段。
ろうそくは、ないし。

時間は、まだ19時。
今から寝てもなぁ。
お風呂も入らないと…カビが生える。
(*湿気と高温の恩恵で、ベナン隊員の中には、身体にカビが生えている人がちらほら。現地人も、結構います。)

先日、「シアバターでもろうそくになる」という事を、教えてもらった。

そんなわけで、作ってみました!
シアバターろうそく。

空き缶に、シアバターを入れて、
ティッシュペーパーに、シアバターを刷り込んで、
火をつける。

100601 (2)


ろうそくと違って、芯の太さをティッシュで調整できるから、
明度も調整できる。


どんどん、調子に乗って、太くしていき・・・
火が消えない!!
(火遊び。そして、火事ぎみ?!)
やばい。

こんな時は、さすが、日本の教育課程を受けた私。
酸素をなくせばいい!
ということで、
空き缶を上にかぶせて、無事鎮火。

ふー。

そうそう、先日、同居人のKちゃんが、
油の入っている鍋とと水が入っている鍋を間違えて火にかけてて、
発火してしまったそうな。
その時、私は、
「くさいなぁ~。また、近所のおばちゃん、変なもん燃やしてるわ~。」ぐらいの気持ちでしたが、
実は、プチ火事。
Kちゃんは、水にぬらしたタオルをかけたけれど、タオルがすぐもえてしまい、
再度、同じくして、鎮火成功!

学校で習うちょっとした事。
すごく大事な事、実は生活に活用できる事が多いと感じる。

ベナン人だったら、こんな時どうするんだろう・・・。
まさか、こんなことは知らないだろうから、
思いっきり水をかけちゃうか、
もしくは、燃えまくるのを見届けるか、
それとも、アフリカの伝統的な必殺技があるのか。。。

ベナンでは、
ほんとーーーーっに、ほんと------っに、
「なんで??」と日本人にとっては、不思議でたまらない思考回路をする時がある。


なぜ、学校に行かないといけないのか。
今なら、ちゃんと、子ども達に説明できます。

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。