Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月7日(日) Wカップ 

Dimanche,07,juin,2009
W cup


日本は、サッカーワールドカップに行ける事がきまり、
めっちゃ、うれしい。
ウズベク隊員やったら、
大きな国旗を持って応援できたのになぁっと思う。
ウズベク隊員がうらやましい。


そして、今日は、ベナン対スーダンのワールドカップ予選。
みんな、黄色のベナンユニホームを着て応援に行った。
IMG_0039.jpg


13時過ぎにスタジアムに到着。
チケットは、早朝、T隊員が買いに言ってくれていた。
中に入る為に、並ぶ。
ベナン人は男の人ばっかり。
しかも、横入りしてくるし、
並んでいる後ろのベナン人は、自分の前に誰も入れまいと超密着してくる。

あまりに、横入りする人が多く、ちょっとキレてしまった私。
ガッと言ってやりました。
「あんた、なんで、横入りしてんのよっ!!ここは、私の場所、その後ろは、この子の場所!!
後ろにいって!!」
っと。
それでもどかないベナン人には、平手打ち!
そしたら、後ろに行く。
よかった、殴り返されなくて。。。(^^ゞ

そして、密着してくるベナン人には、
「触らないで!」と。
これは、一言でちゃんとスペースをとってくれる。

会場に入るまでは、ながーーーっい道のりで・・・
ペットボトルをみんなの分と、冷やして持ってきた人もいるのに、
あっけなく、軍警察に没収され、
私のジュースも没収され・・・

「なんでだめなの?」っときいても、
「だめだから。禁止だから。」
「なんで、禁止なの?」ときいても、
「禁止だから。」
の一点張り。

でも、中に入ると、ペットボトルを持っている人もちらほらいる。
なぜ?

キックオフまでは、長い時間。
こんな時に限って、青空で、ギラギラ太陽が暑い、
というより、
痛い。
布を上からイスラム教徒みたいにかぶり、日傘をさしても暑い。
そのうち、さっき買った水は、まさにお風呂とおんなじ温度になり、
飲むの進まない。


ベナンだから、と
時間も遅れるだろうとなめていたけれど
さすが国際試合。
少しの時間遅れで始まった。

しかも!さすがFIFA!!
ちゃんと、救急チームは待機していることに、すっごくびっくり!
しかも、それに驚く自分に、かなり基準が下がったもんだとそれにもびっくり。
IMG_0051.jpg
試合中、グリグリ(黒魔術)をかけているような人を発見。
自分たちが、勝つ様に祈るなら、まだ、気分はいいけれど、
相手にグリグリをかけて、相手が負けるようにするという事が、
私にとっては、すごく不快に感じた。
IMG_0058.jpg
この、煙が、おそらくぐりぐりをかけていると思われる。

結局、1対0でベナンの勝ち。
よかったよかった。
負けたら、何をしだすか分からない。

終わった後は、下のグランドに降りて、選手の所に向かうものもいれば(もちろん、誰も、止めない)、
ぐりぐりをかけていたと思われる人が、トラックを走り。。。
と、日本では、考えられないことが次々と。
IMG_0063.jpg


IMG_0067.jpg
ゴミがなかった会場にも、たった2時間のゲームが終わればこの有様・・・。。。。


問題 ちなみに、この人達は、何をしているでしょう?IMG_0036.jpg
答えは・・・・



















































































排尿でした。
信じられへんっ!!!
スポンサーサイト

6月5日(金) 雨期入り宣言!

Vendredi,05,juin,2009
早くも6月です。
1年前の今頃は、最終のフランス語のテスト勉強が大変だったなぁ。
そして、訓練所生活も残り1週間で、数日で別れる仲間と過ごす時間が、すっごく楽しかったなぁ。


数日前までは、
約3日ごとに雨が降っていた。
徐々に暑くなて、
天井の扇風機をガンガンに回しても、もう夜も暑くて寝られへん!!ってな感じで、
常に背中は水をかけたようなビシャビシャな状態で、
汗でかゆくて、1日3回シャワーに入らないと耐えられない
となると、空が暗くなり、突風が吹き、道に捨てられているゴミが渦を巻いて舞い上がって、そのうちジャーっと、バケツをひっくり返したような雨が降る。
その時には、涼しくなって、また、過ごしやすくなるけれど・・・
再びまた暑くなってというのを繰り返していた。
けれど、
昨日は、一日中雨。
夜中も雨。
朝は曇りで午後は晴れて、
また夜には雨。
今も雨。

雨が降ると、雨音しか聞こえなくなるから、
この雨の降る時間がとっても好き。
だって、フォン語の音色は、あまりきれいじゃないから、好きじゃない。
しかも、よく家の前で怒鳴り合いしてるしっ!!!

ただ、雨が降って困る事は、雨漏り。
今、修理をしてくれているみたいなんやけれど・・・
天井が落ちてこない事を祈ります。。。
ちなみに、ベナン隊員2名、天井落下実体験済み。


あっ、ここ、数か月活動のことは書いていませんが・・・
ストライキは、2月から、続き、まだ、継続中デス・・・。

6月1日(月) タネカココ

Lundi,1er,juin,2009
Taneka coco



ベナンでは、キリスト関係で、1日の月曜日も休みで、3連休。
今回も、ベナン北部へ行ってきた。
本当は、“あいのり”でも映されていた日本人のシスターみちこさんに会いに行こうと思っていたけれど、都合が合いそうもなく、急遽ジュグーに行くことにした。

今回は、ちゃんとバスにも間に合いました☆

今、北ででまわっている野菜は、まさに、
おくら、トマト、玉ねぎの3種類のみ!!

どうやって、みんな生き延びているのか、
私には、相当、謎。

だって、日本で生活していたころと比べると、
どの隊員も、
①風邪を引いても、かなり長引く
②怪我した所が、なかなかなおらない
③ちょっとかゆくて、掻いた所全部が、かさぶたになったり、傷が残る
という感じで、きっと、栄養不足からくるものだろうと思われる。

そんな北に住む隊員の為に、コトヌからナスや人参、大根、白菜に似た菜っ葉等を買って、
後は、日本から持ってきたお鍋の素とレトルトの豆腐を持って、向かった。
そこに、ほろほろ鳥のお肉も沢山入れて、お鍋。

お肉も買った時、冷凍で、半端なくカチコチだったのに、
まさにドラクエなんかに出てきそうな武器のような刃物で、おばちゃんが、肉に振りかざし、
あっけなく、骨までぶつ切り。
すごい凶器・・・。

翌日、タネカココという村に行った。
ここは、詳細は分からないけれど、
以前ナティティングーで行ったタタソンバという村と同じような感じ。
IMG_0011.jpg

土壁でできた低い家の集落が何箇所かにあり、
村長さんに挨拶。
IMG_0018.jpg

そして、丘を登って行き、洞窟へ行った。
IMG_0075.jpg

ベナン人、いつも、歩くの遅いくせに、山道は、すっごく早い。
しかも、ビーサン!!
こっちは、息切れしているのに、スイスイ。

途中、隣の村から歓声が聞こえた。
雨が降るようにお祈りのお祭りがされているらしい。

洞窟の中はコウモリ?が沢山、真っ暗で、とっても涼しい。
何にも見えないので、ガイドさん2人が、松明をたいてくれた。
そこに見えたのは、動物の骸骨がつりさげられていた。

ガイドさんに自分たちで金額を決めて支払い、解散。
本当は、洞窟へ行く前に、神聖な場所なので、村で儀式を受けないといけない。
だけど、私達は外国人なので、それを免除されている。
そんな訳で、ガイドさんが、あとで、鳥などを買って、村長さんに挨拶しに行くそうです。

シアバターの実
IMG_0050.jpg

シアバター
IMG_0051.jpg

米粉のお菓子。砂糖をつけて食べる
IMG_0107.jpg

夜は、マンゴーとパイナップルとバナナのフルーツポンチ
IMG_0115.jpg


すっごくかわいいでしょ~。
IMG_0054.jpg

バオバブの木 木の根本に私が!!めっちゃ大きい!!
R1020750.jpg

5月23日(土) う~ん・・・またもや・・・

Samedi,23,mai,2009


また、体調を崩してしまった。
ずっと、ここ3か月弱、お腹の調子が悪く、
下痢、軟便、普通便をぐるぐる繰り返し、
胃も痛い・・・。
そして、今週、とうとう、
あまりの胃の痛さから、吐き気がし、
ごまかして寝ようとしても、あまりの気持ち悪さに寝られず、
冷たいお茶でも飲んでごまかそうと、冷蔵庫へ向かうけど、
ふらふらして、立てず、
ひたすらベッドで我慢。
1時間たてど、2時間たてど、寝られず。。。
微熱が出てきて・・・
頭痛も少し・・・。

ヤバい。これって、マラリア??
とりあえず、朝まで、様子を見よう。

マラリア予防薬は、支給されているけれど、
サバリンの副作用には、肝機能の低下がある。
血液検査を定期的に受けない事と、添付の説明書に書かれている内服可能な体重よりも下なので、大雨期以外は、内服をしないことにした。
蚊は、雨期に発生しやすく、ハマダラ蚊の確か・・・メスに刺されると、マラリア原虫が体内に入る危険性がある。
それなら、蚊に刺されないようにしたらいいやん!!
というのが、私の考え。
虫よけスプレー(しかも、こっちの虫よけは、日本のよりも良く効く)を振りまくり、その後、スプレーに入っているアルコールで、体がポカポカを通り過ごして、カッカする。。。(アルコールアレルギー)

でも、最近、隊員連絡所で、思いっきり刺されたし・・・
と弱気になり、
翌日、隊員に配布されているマラリアの検査キットで自己検査した。

針を指先にグスッと刺し、
(血糖値を測る時のアレがあれば痛くないのに。。。)
血液を絞りだし、小さなスポイトで吸って、検査キットに垂らす。
そして、検査薬を検査キットに垂らして・・・・
結果を待つ・・・。

結果は、ネガティブ。
IMG_0005.jpg

よかった。

朝、起きると、とりあえず熱は下がり、体調も、まぁまぁ。

でも、胃とお腹の調子が悪かったので、
虫がいるかもしれないと思い、受診した。

出された薬は、
ブスコパンと同じ様なカプセルと、ピロリ菌の治療にも使われる薬。
結局、便検査も問題なかった。


今は、ぼちぼち元気です。

はぁ~、2年間、内科にはかからないという目標が、今回を持って打ち砕かれました・・・・。
悔しい。

5月19日(火) 魚

Mardi,19,mai,2009
poisson
ふら~っと漁港に行き、隊員に会って帰ろうと思っていたけれど、
聞くと、今日は、カツオがあがっていたと。

初買い物実施。

一緒に漁港隊員と魚をみてまわり、
買ったのは50センチほどのカツオ、まるまる1匹!
値段は、1500FCFA(≒300円)!
沢山あがるは、1000FCFAで買えるらしい。

漁師たちは、船に魚がいっぱいにならないと、
港に、戻ってこなく、
もちろん、日本のように血抜きなどもせず、そのまま放置。
冷蔵なんてない。

カツオは、目も透き通っていて、エラをめくるときれいな赤色。
これなら刺身にできるかも!

漁港隊員のコネで、漁港から氷を分けてもらい、家に帰った。

えらの下をとって、頭を切って、内臓を取り出し、
3枚におろす。
身は、今日食べる刺身用と、残りは冷凍庫へ。
頭やひれ、骨は、ちょっと塩を振って、湯通しして、臭みを取り、
お湯に入れると、魚のおいしいスープ。コラーゲンもたっぷり。

日本では、刺身用とか、あら煮用とか、さばいてうっているけれど、
こんなにおいしいスープもできるなら、こんどからは、まるまる1匹を買いたいぐらい。

いままで、アジしかさばいた事がなかったけれど、
なんとかなった。
それにしても、いつも刺身をふるまってくれる養殖隊員のTは、本当に上手。
そして、きれい。上等なお寿司屋さん並み!

さばききって、興奮して、Tに「魚さばいたよ!でも、Tに比べたら、全然だから、弟子入りさしてください。」と電話した。

1年後の帰国までに、上手になるぞっ!!

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。