Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/129-760bdeb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

11月22日(日)ご無沙汰。

Dimanche,22,novembre,2009
Je suis restée longtemps sans vous donner de mes nouvelles.


お久しぶりです。
久々にブログ更新しました。

ここ最近、不時着寸前の超低空飛行で、すべてのことにやる気を失っていました。
でも、先日、日本からお誕生日プレゼントが!
ちょっと、気持が上向きになりました。
ありがとう。Kちゃん!
空港の郵便局へとりに行き、また、「何か頂戴」や「結婚しよう!」と言われるのかと思いきや、
開封時(職員の前で一度あけて、税関チェック)に、
「これ、私の誕生日プレゼントだから自分で開けさせて」
というと、職員は
「いくつ?」と。
めんどくさいから、一つ上乗せして
「30歳」
というと、さすがにいつもの”結婚しよう!”の一言はなく、
職員たちで「あの子、30歳なんやって!」的な事を話している。
開封すると、彼らにめぼしいものはなかったようで、3秒でスルー。
最後に「お誕生日おめでとう」という言葉もいただき、今回はいい気分だった。

そもそも、低空飛行の原因は、沢山あるけれど…

JICAが提供したドップラー。
それについての院内研修に、盛り込んでほしい内容を伝えたくて、
医長と約束しました。
部屋を尋ねるけれど、不在。(中からはTVの音。)
てな訳で、電話をすると出てくれて、ちょっと待ってと。
1時間以上医局の前で一人座って待つと、他の人に呼ばれて部屋に行き、話を開始。
しかーし、医長は途中でウトウト。
おいっ!!
「疲れていますか?休みますか?」
「大丈夫。」
いやいや、頭に、ぜ~んぜん、入っていないでしょーよっ。
疲れていそうなので、別の日に、約束をしました。
そんなことはいつものことなので、まぁ、仕方がない。
でも、約束の時間になっても、また部屋におらず、
電話をすると、今度は「ブッチ!!」と切られる始末。
私にとっての最後の切り札となっていた一番エビデンスに基づいて話せる婦人科の医長でした。

そして、カウンターパートと妊婦健診の待っている間に啓発のDVDを作ろうという話になり、そのうち合わせや撮影などの約束。
しかし、これも、前日約束していたにも関わらず、不在だったり、
「今日だった?」と言ったり。
カウンターパートが他の仕事がある為、隣の部屋で待つこと2時間過ぎ。
さすがに待つのも疲れ、彼女の元へ行くと、
「今日は、私疲れた。」の一言。
私、あなたをどれだけ、何回待ったと思ってんの!!
と、怒りたいところだけど、ここはアフリカ。
仕方がないので、その怒りも飲みこみ、また、約束をとる。

救急でも、傷つけられる患者を見るのが苦痛。
ちなみに、医師の間では、最近の流行りなのか、
ストレッチャーで運ばれてきた患者の採血は、腹部を手当たり次第、注射器で刺して少量ずつ血液を採取。
もちろん、一度では取れないので、何度も色んなところを刺す。
それでも足りなければ、採血オーダーせず。
何度も何度も刺される妊婦さん、本当にみるに耐えられない。
基本的な技術が未熟で、ルートとるのにも1時間以上。
その間、何度も刺したり抜いたり。
結局はいったところは頸部。
確かに、肌が黒いから、血管が見にくくて難しいけれど、
それにしても不器用。

隊員は、医療行為ができない。
協力隊は技術提供。
医療行為がもちろんすべてではないが、
葛藤が生じる。

そして、次から次へと、
「○○くれ」攻撃。
日本でも、経済的に苦しくて、妊婦健診に行けない人もいるというのに!!
失業して、自殺まで追い込まれている人もいるのに!!
ホント、援助慣れというのか、
天から落ちてくるのを、口あけて待っているようで、腹が立つ。

来月、また、中間報告書を書かないといけない時期にきた。
一緒に仕事をし、ここには
①医療技術、知識の低さ
②カンファレンスらしきことは行われているが、治療や処置の適切さを話し合ったり、病気や死亡の原因を科学的に考えることはしない。
③彼女達にとっては、給料が低く、そのためモチベーションを高く持てない
④刹那主義?
⑤患者の権利がない
⑥看護の本質がちがう(看護教育に問題あり?)
⑦学生や研修生が多くフォローされていない。時には学生や研修生が、一人で診察し、処方。
⑧医療システムの不効率(診察、検査、薬剤など、すべて先払い)
⑨精神的な未熟さ、倫理感の欠如
⑩多言語国家
⑪物品管理が困難
などの沢山の問題点が感じられる。

その中で、隊員として、私にできること。
残された期間でできること。
私が去った後にも、継続できる事。
後任の事も踏まえた活動。
彼女達のレベルに合った目標。
当初あげた短期目標も達成できない。

この一年で彼女達に変化をもたらしたものは何か。
…。
「シノワ(中国)」ではなくて、「日本人」がいるという知識。
日本人は、中国語ではなく、日本語を話すという知識。
日本語で挨拶が出来る。
くらいでしょうか(悲)

「悩む」の一言に尽きる。


ちなみに、まだ、新病棟は、オープンしていません。
091109 (2)

それどころか、
鍵でちゃんと閉められています。
091109.jpg

本当に、使われる日が来るのだろうか?
そうそう、ドップラーも10月頭には、病院側にわたっているはずなのに、
まだ臨床には、降りてきてません。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/129-760bdeb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。