Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/155-d06fd9c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2月26日(金) 再びサファリ

Vendredi,26,fevrier,2010

更新が遅く、すみません。
実は、パソコンがバグってしまい、パソコン音痴の私には、大事でした(--〆)
こんな時こそ、パソコン隊員!
ほんと、さまざまな特技を持つ環境にいると、何とかなるもんです。

再び、サファリに行ってきた。
今回は、同期の卒業旅行。
5泊6日の旅でした。

まず、ベナンの中腹(バスで8時間ぐらい)パラクーに行き、
ベナンの部族の生活を紹介している博物館に行ってきた。
そして、ベンベレケ(パラクーからタクシーで3時間?)という村に行ってきた。
そこには、日本人のシスターが25年前から住んでいらっしゃる。
TV”あいのり”でも紹介されていたみちこさん。
ずっとずっと会いたかった。
みちこさんは、寄宿学校のシスターで、寄宿学校には、幼稚園、小学校、中学校、そして、服の仕立て屋さんや美容院で自立して働けるよう研修学校がある。
100222 (27)
服を作っているところ

大勢で伺ったにも関わらず、歓迎してくださり、学校で作っているクッキーやジュースをごちそうしてくださった。
しかもお弁当まで持たせていただいた。
感謝。
100222 (75)


そのまま、北部に上がり、ベナンの北に位置するニジェールとの国境があるマランビルという町に行った。
マランビルでは、国境警備隊の船に乗せてもらい、ニジェールとの国境となるニジェール川をクルージングしたり、
プル族の村へ訪問しに行った。

プル族は、鼻筋がスーッと通っていて、南に住むフォン族とは、かなり顔立ちが異なる。
美人さんが多い。
おしゃれもしていて、ビーズのネックレスやブレスレット、化粧もしていた。
プル族は、牛の遊牧民族。
チーズを作っている。
100223 (100)
プル族のお姉さんと。

メインのサファリは、ベナンの北東にあるW(ドゥルブベ)国立公園。
ニジェールとブルキナファソにまたがる大きな公園となっている。
名前の由来は、公園内を流れる国境をなすニジェール川がWの形をしているから。
そして、ニジェール側は、なんと世界文化遺産に登録されている。
100223 (49)
パークまでの道。(プル族が放牧している牛さん達)

早朝出発し、パーク内で動物と会い、3つの国境が交わるところにいき、
帰りにゾウの群れを見るという予定だったが、
やはりベナン・・・。
レンタカーが来ず、結局2時間遅れ。
パークに着いたのも、日が昇ったころで、動物も木陰で休んでいる。
結局、鹿、バッファロー、サル、犬ぐらいしか見れなかった。
100224 (81)

100224 (69)
クデゥー滝。乾季のため滝はないですが・・・。ちなみに、向こうはブルキナファソ。


驚く事なかれ。
パーク外でも、「象注意!」とう看板がある。

なのに、今回は、まったく会えず・・・。

でも、ベナンらしい卒業旅行。思い出になったかなぁ。

100221 (9)
綿花をいっぱいに詰め込んだトラック。今の時期(乾季)は、北部に通じる道路の両脇には、ずーっと綿花が落ちている。

100223 (136)
見つけました!日本語!!(ベナンの車は、中古車をナイジェリアで輸入しているものが来ています。)

100222 (16)
カシューナッツの実。下の緑を焼いて、中からカシューナッツが出てくる。上の赤も食べられる(らしい)

100222 (90)
暑さのあまりシアバターがドロドロになってしまった。。。ちなみに、かなり乾燥し、気温は、余裕で40どは過ぎていた。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/155-d06fd9c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。