Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/170-9427b0cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

5月11日(火) 検査室見学

Mardi,11,mai,2010
Visiter le Labotatoire


検査技師の仕事ってどんなんだろう?
ベナンって、どんなふうに検査しているんだろう?

検査技師さんに知り合いができたので、見学させてもらった。

病院では、血液型、血液検査、尿検査、膣培養などさまざまな検査が行われている。

培養検査室
100511 (34)


―血液型の検査方法―
血液型は、3人の検査技師さんが、1回ずつ各々検査を行い、合計3回チェックしている。
ダブルチェックならぬトリプルチェック。
各患者の血液と血清をボードに並べる。
そして、抗A型、抗B型、抗AB型、抗D(Rhを調べる)の試薬と混ぜ、反応を見て検査。
100511 (12)

100511 (16)


100511 (15)

赤ちゃんは、血清での検査はなく、血液のみ。
結果は、記録用にノートに手書き。そして、検査結果用紙には、検査結果をハンコで記す。

―マラリア検査方法―
採血した血液をスライドグラスに乗せて、3種類の液で染色し、顕微鏡でマラリア原虫を見てカウントする。
100511 (29)


日本の無償資金援助で入ったたくさんの機械が大活躍していた。


日本にはあまりないけどベナンにある疾患、ベナンにあまりないのだろうけれど、日本にはある疾患もある。
その中で、最近わかったのが、妊産婦のカルテにHb=AA、Hb=AS、Hb=ACなど書かれている事。ずっと、貧血の度合いでもあらわすのかと思っていたけれど(Hbがヘモグロビン)実は、そうじゃなかった。
Drépanocytoseという疾患で、日本語では、鎌状赤血球症。
結局、検査技師のリチャードさんに詳細を教えてほしいとお願いした。彼は、わざわざ、事前に資料を用意してくれて、説明してくた。

鎌状?マラリア?鎌状赤血球?
看護師隊員に聞くと、教科書に載っていたらしいが、そんなのさっぱりサラサラ覚えていない。
結局は、ヘモグロビンに種類があり、S、A、C、D、Eの遺伝子があるらしい。
親からひとつづつもらい、SA型やAA型などというように決まる。
赤道・熱帯地域のアフリカ黒人、アンティル諸島(西インド諸島)やアメリカの黒人、時には中央アジア、サウジアラビア、インド、まれにトルコ、ギリシャ、マルグレブにもある。
赤血球の酸素運搬能力、赤血球の変形性と流動性の低下でさまざまな体への影響が出るらしい。
そして、Aの遺伝子は、全く問題ないが、Sの遺伝子はよくない(劣性遺伝らしい)。
なので、リチャードから聞いた話だが、結婚をする際に、事前にに調べ、AS同士ならSSの子供が生まれる危険性があるため、結婚を断念するということもベナンではあるんだって。
そして、その説明を終わったリチャード。
「真由美、調べるよ!」って。
まじ?!
いやいや、JICAの顧問医以外のところで採血するなんて怖い。。。
いろいろ言ったが、結局強引にさせられた。

翌日、結果は、AA。
100513 (9)
ベナンお決まりですよ。「誰とでも結婚できるから、ベナン人と結婚して残りなさい。」と。

ベナン人との結婚を勧めてくれたリシャードさん
100511 (35)


ちなみに、スピッツは、使い回し。
看護助手さんが洗って、煮沸してオートクレーブにかけるそうです。
100511 (31)

100511 (32)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/170-9427b0cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。