Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C79]

私のカウンターパートも、昨年に広域研修@メキシコへ行きまいした。

その彼女が、メキシコで習得したものを
任地で還元しなきゃ駄目なのに、一年過ぎても講習会など具体的アプローチをしなかった。。

すると、いまいる専門家にこっぴどく叱られ、やっと先日に講習会を開催した。。。


まみまみ 知ってた?
カウンターパートが広域研修に行く際には、JICAから日当としてかなりの金額が手当てとしてつけられている。

だからこそ、彼女たちは絶対的な義務で自分たちの国や地域に還元してもらう活動をしなければならない。

最近思うこと。。。
援助慣れしている人たちに、与えても意味がない。

でも、お尻ひっぱたいてでも活動させなきゃね。
  • 2008-12-01
  • 投稿者 : kanako
  • URL
  • 編集

[C89]

>かなこ★
オラ!!元気~?
日当もでるん???ありえんなぁ。
こちらは、ベナン国全域のの母子保健プロジェクトだから、今、私が活動している母子病院から、ジャンジャン日本やモロッコへ研修にいっているねん。
でも、彼女たちに、本当に、そんなことをして、意味があるのか。。。。

物がないなら、処置ができないのもわかるけれど、ものがあって、手術だってできる施設があるのに、救急患者をすぐなんとかしない。

援助慣れした国なんだなぁって、私も思う。
ほんと、腹がたつよね。
私たちの税金なのに。。。。

アフリカは、プロジェクトが始まって、軌道にのっても、やっぱりすねんすると、「とんずらする」って言ってた。。。

どうすれば、いいのか。
彼女たちのさぼりぐせ、怠慢に腹がたつ今日この頃です。
  • 2008-12-14
  • 投稿者 : まみ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/43-de1dad39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

11月20日(木) 救急部門

Jeudi,20,Nobenbre
Service des urgencies


活動も少しずつ、本格化してきました。
私の要請項目の一つには、
「本邦や第三国へ研修に行った現地スタッフのフォローアップ」がある。

彼女達は研修に行っているが、
「物がないからできない」
「人がいないからできない」
「行っても意味がなかった」
と言っている。
そして、何も還元しない。な~んにも、しない。

しかし、物がないといえども、血圧計はあるんだし、
(ここの病院は、物はそろっている。)
ぼ~っとしている助産師や、話たおしている助産師もたくさんいるんだし、
チンタラ働くのではなく、もっとしっかり患者さんを観察して、もっと効率的に業務ができるはず!!

最近、本当に、日本で一緒に働いていた大切な同期や先輩、かわいい後輩達は、勤務時間が過ぎても文句言わず患者さんの為に、休みの日も受け持ちの患者さんに急変があれば病院に行ったり、勉強会等を企画してみんなが参加し、一生懸命働いていたんだなぁと、感じます。日本人のまじめさって、すごいなぁっと思います。

余談になるけど、
「真由美が2年終わったら、今度は私が日本にいって、真由美と働く~!」なんて、よく言われるけれど、あなた達の調子で仕事をしていたら、務まりません!!!と言いたくなる。
そして、少ない給料も、仕事の量と質とを考えると、それ相当の給料とも思える。

救急で搬送された妊婦も、病院へ到着後放置。
そりゃ、妊産婦死亡率は下がりませんし、救命できても、社会復帰という面からみると、
かなりリスクがあるのでは?と、疑うのは当然。

フィールド調整員や専門家、看護師、保健師、栄養士と助産師の私によるグループ派遣。
そんな事で、私が、産科救急の状況をチェックし、それを専門家に提出して、今度モロッコへ研修へ行くスタッフ教育の参考資料とすることになった。

今日、一緒に働く助産師へ挨拶しにいった。
来週から、みっちり救急へ携わることになりました。

がんばろ~っと。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C79]

私のカウンターパートも、昨年に広域研修@メキシコへ行きまいした。

その彼女が、メキシコで習得したものを
任地で還元しなきゃ駄目なのに、一年過ぎても講習会など具体的アプローチをしなかった。。

すると、いまいる専門家にこっぴどく叱られ、やっと先日に講習会を開催した。。。


まみまみ 知ってた?
カウンターパートが広域研修に行く際には、JICAから日当としてかなりの金額が手当てとしてつけられている。

だからこそ、彼女たちは絶対的な義務で自分たちの国や地域に還元してもらう活動をしなければならない。

最近思うこと。。。
援助慣れしている人たちに、与えても意味がない。

でも、お尻ひっぱたいてでも活動させなきゃね。
  • 2008-12-01
  • 投稿者 : kanako
  • URL
  • 編集

[C89]

>かなこ★
オラ!!元気~?
日当もでるん???ありえんなぁ。
こちらは、ベナン国全域のの母子保健プロジェクトだから、今、私が活動している母子病院から、ジャンジャン日本やモロッコへ研修にいっているねん。
でも、彼女たちに、本当に、そんなことをして、意味があるのか。。。。

物がないなら、処置ができないのもわかるけれど、ものがあって、手術だってできる施設があるのに、救急患者をすぐなんとかしない。

援助慣れした国なんだなぁって、私も思う。
ほんと、腹がたつよね。
私たちの税金なのに。。。。

アフリカは、プロジェクトが始まって、軌道にのっても、やっぱりすねんすると、「とんずらする」って言ってた。。。

どうすれば、いいのか。
彼女たちのさぼりぐせ、怠慢に腹がたつ今日この頃です。
  • 2008-12-14
  • 投稿者 : まみ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/43-de1dad39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。