FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/65-19231034
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

1月10日(土) ウィダー

Samedi,10,Janvier,2009
Ouidah


コトヌから西に42Kmにあるウィダー。
ベナンの観光地の1つとなっている。
ここウィダーから、アメリカ大陸へ奴隷が送りだされた歴史がある。

前日、職場の人に、行き方や値段など色々教えてもらったから、無事スムーズにいけた。

ウィダー歴史博物館には、人と人をつないでおくための鎖が展示されていたり、昔、歴史の教科書で見たような奴隷船の中の様子が描かれた絵などがあった。
奴隷船の中は、本当に人が窮屈に詰め込まれている。

そして、町から海岸へと1本の土道(約)4km)があり、そこを抜けると“Point of No Return;帰らざる門”がある。
0110 (6)

そこまで、暑く日陰もない中、重たい鎖でつながれて、歩いて行くこと、想像するだけで、なんとも言えない気持ちになった。
0110 (3)


今日、ここに来た目的は、1年に1度大きなブードゥー教のお祭りがあるから!
屋台やお土産屋さんもたくさん出ている。
そして、何より、白人が多い!!
0110 (5)


お祭りの内容は、よく分からなかったけれど、写真も禁止だった為詳細は伝えられないけれど、

海岸の砂場にテントが設置され、ジャンべ(太鼓)と音楽が鳴るテントで囲まれた広い中心で、
20名ぐらいの男性と女性が上半身裸で、腰にわらで作られたスカートみたいなものを身につけて、ダンスをする。
一応、ストーリーがあるらしい。
顔と髪の毛には黄色い物を塗っていた。

衝撃だったのが、
男性は、切れにくそうな刃物を右手に、それを研ぐ道具を左手に持っており、踊りながら自分の上腕を切っていた。しかも、何度も何度も、切って切りまくる!
傷も結構深く(う~ん、手術で言うと、2~3回メスを入れた感じ)、傷も10cmぐらいだから、痛々しい。。。
黒い肌だからわかりにくいけれど、血も結構出ていてて、しかも、他人がその血を、手でぬぐい取り、自分の肌に塗りつける。。。
男性の左腕は、傷だらけ。

感染症や、傷の治癒など色んな事を考えてしまって、怖い。
しかも、あれだけの傷なのに、痛みを感じないのは、かなりハイ状態って事?



後日、職場の人に、この自傷行為の事を聞いたら、
「彼等は痛みを全く感じていなくて、傷後も残らないんだよ。」だって。
ありえない!あんなに深い傷やのに!!
「そんなことは、ない!だって、めっちゃ深い傷やった。普通なら、めっちゃ痛いし、傷後が残るよっ!!」
「残らないよ。こんな風に、きれいな肌になるよ。」
「何で???」
「C’est la magie!(それは、magie(=マジック、魔術、呪術、不思議な力)だから!)」
えっ?手品?パフォーマンスだよね・・・?!
「マジック?本当は切っていなかったの?」
「本当に、切っているよっ!!でも、痛くないし、あとも残らない。すぐによくなる。心配しなくても大丈夫!」
「えー、じゃあ、何で?おかしいっ!!」
「ブードゥーの力だから!!」

何度も聞いたけど、同じことの繰り返し。
医療者もいてのこの話。

ほんまやろうか。
すっごい不思議。
でも、現地の人が言うなら、ホントなんかな。



こんな教会もあったよ!0110 (2)

帰りのタクシーは、パンク・・・。日常茶飯事です。
0110.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/65-19231034
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。