FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/88-b9911347
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

4月27日(月) ベナンに来て、一番悲しかった日。

lundi,27,avril,2009


朝、活動先に行くと、いつも一緒に働いている助産師のパスカリンが、
「マユミ、ビッケェイ先生知ってる?」って聞いてきた。

ベナン人の名前は、まだ、私の耳に慣れないから、なかなか、覚えられない。
「う~ん・・・????」

「彼を知ってる?」
いつもと話し方が違う。そして、何度も、彼を知っているか、分かるかと尋ねてくる。

「う~ん・・・?」
ヴィッキーのことかな?
「その先生、私見たことある?」

すると、パスカリンは
「真由美は知っているよ。いつも“OHAYO!”って言ってくれる人。」

「彼はどんな人?」

パスカリンは
「いつも小さなバッグを持っている人」

あっ!やっぱり、ビッキーの事かな?
「ビッキー先生?スペイン語が話せて、いつも、私を見たら、“OHAYO!”“GENKI?”と言ってくれる先生?」

すると、パスカリンは
「そうそう。」と言う。
そして、彼女が次に言った言葉は、
「彼は、亡くなったよ。」

ん?今のフランス語、聞き間違え?
「パスカリン、その“亡くなった”が分かんない。どういう意味?」て、聞くと
パスカリンは、他の言葉で表現し、
「彼は、死んだの。」

一瞬、ウソだと思ったけど、隣にいるいつも歌って陽気で、とっても元気な助産師が、
「ビッケェイ先生は、亡くなったよ。土曜日に。私、家で横になって寝ているのを見たの。」っとぼそっと言った。

それでも信じられなくて、ベナンのエイプリルフールが今日であるのかとも思い、
何度もパスカリンに、
「嘘でしょ?」「ほんと?」「信じない」と、知っている限りのフランス語で、言葉を変えて何度も聞いたけれど、
それでもパスカリンは静かに
「彼は、土曜日に亡くなった。」っと言った。


ビッキーは、
実は、先日、喧嘩して、私が叩いた先生。
ビッキーは、私と顔見知りになるとすぐに、
いろんな日本語を教えて欲しいといい、
私は挨拶を教えてあげた。
彼は、それをちゃんとメモして、覚えてくれた。
しかも、挨拶は、おじぎまでセットで毎回してくれる。
喧嘩した後も、お互いドライなのか、そこまでの信頼関係を築けていたのか、
ぎこちなさもなく、今までと変わりなく、
会うと“OHAYO”と笑顔で挨拶をしていた。
そして、週末に入る前の金曜日、
彼が救急に来て診察する前、彼は自ら手をちゃんと洗い、
そして、「マユミ!もう、石鹸がなくなっているよ!」っと教えてくれた。
私は、看護助手さんを探して石鹸の補充を依頼して戻ると
「洗う時に石鹸がないのは、よくない事だね。」と言い、
彼に「今、助手さんに補充を頼んだよ!」っと返した。
それが最後の彼とのやりとり。


いろんな事が思い返されて、涙が出てきた。
助産師達は、私の手を握って「元気出して」っと言ってくれる。

ビッキーは、病気もちでもなく、院内のお知らせや現地語を交えての助産師達の話を聞くとおそらく心筋梗塞で亡くなったのだろう。
救急車も来て、心臓マッサージもされたけれど、助からなかったと。
ビッキーと何度か話をするようになると、「マユミ!お前も、おれの妻だ!」っと言ってくれたけど、私はいつものように断固として「いや~っだもん!!!!」っと返していた。

しょうもないことだけれど、一度くらいは「日本に帰る前には、ちゃんと妻にしてね~」と言えばよかった。

彼がちゃんと手を洗うようになったのも、すごくうれしかった。
ここでは、助産師より上の立場の医師だから、彼と関わることで、いい活動ができるのでは
とも、思っていた。


ベナンに来た6月末から今までの中で、今日が、一番辛くて悲しかった。
きっと、この2年間で、一番悲しい日となるだろう。






Je présente touts mes condoléances pour le décès de Dr.ビッキー.
J'ai été contente de vous voir, Je vous remercie.エナチェヌイ。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sagefemmemami.blog33.fc2.com/tb.php/88-b9911347
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

★☆mami☆★

Author:★☆mami☆★
Béninという西アフリカにある国で、妊産婦死亡率・乳幼児死亡率の改善にむけ、奮闘中!!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。